So-net無料ブログ作成

東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)

 新米ママを応援しようと、板橋区東新町の東新児童館で20日、「6ケ月までの赤ちゃんとママの会」が開催され、同じ月齢の赤ちゃんを持つ母親同士が情報交換などを通じて交流を深めた。

 この会は、児童館と親が結びつきを深めることにより、親が子育てで孤立しないようにすることが趣旨。保健師も参加するので、育児についての相談もできる。

 この日は、8組16人の母子が参加。母親が育児で困っていることなどについて話すと、他の母親は熱心に耳を傾けていた。

もう1つのサッカーW杯 トルコで28日から“得点王”ら予選突破へ(産経新聞)
不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)
<みんなの党>三重選挙区に矢原由佳子氏を擁立(毎日新聞)
採決時に混乱 “小沢ガールズ”三宅氏が転倒(産経新聞)
「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)

振り込め詐欺急増、撲滅月間を緊急実施 警視庁(産経新聞)

 東京都内の4月の振り込め詐欺被害認知件数が、集中対策として振り込め詐欺撲滅月間を初めて実施した翌月の平成20年11月以降、最悪の数字となったことを受け、警視庁は12日、今月17日から6月16日までの1カ月間を緊急で撲滅月間とし、不審な電話があった場合に110番通報をするよう呼びかける。

 期間中は被害発生件数を70件以下に抑えるほか、各警察署がいずれも振り込め詐欺を1件以上摘発することなどを目指す。

 警視庁によると、これまで撲滅月間実施後は認知件数が減少する傾向があったが、今年に入ってからは2月に撲滅月間が行われた後も被害は増加傾向にあり、4月には認知件数が155件に達した。

 4月末現在の累計認知件数は前年同期より119件多い520件、被害額も約7830万円多い約7億6850万円で、オレオレ詐欺の手口が急増しているのが特徴という。

 5月に入り、調布署管内で息子をかたった男が「電車内に会社の通帳が入ったバッグを忘れた。すぐに金が必要で会社に損害を与えてしまう」などと高齢女性を狙ってうその電話をかけ、現金をだまし取る手口の振り込め詐欺が相次いで4件発生。うち1件は約1500万円の被害があったといい、警視庁は警戒を呼びかけている。

【関連記事】
被害総額は30億超?振り込め詐欺団ナンバー2を逮捕
子ども手当も? 低所得者層への催促、差し押さえ神経戦
「手術が受けられない」と男性から100万円を搾取 詐欺容疑で男女4人を逮捕
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
振り込め被害970万円 GWで長男帰省、気付く
少子化を止めろ!

天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)
民主議員がグアム、テニアン視察へ(産経新聞)
「涼宮ハルヒ」の舞台モデル ファン巡礼 高校憂鬱(産経新聞)
口蹄疫で農家・自治体支援の徹底を要請 官房長官、関係閣僚に(産経新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】弱み抱える民・自…比例は混沌(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。