So-net無料ブログ作成
検索選択

豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)

 豆腐の製造過程で生じた汚水を川に垂れ流したとして、千葉県警環境犯罪課などは15日、水質汚濁防止法違反の疑いで、同県九十九里町の豆腐製造会社「日本豆腐大和屋」社長岩柳弘満容疑者(54)=同町粟生=を逮捕した。法人としての同社も16日に書類送検する。
 同課によると、容疑を認め「処理費用を浮かせるためだった」と供述しているという。
 逮捕容疑は、4月7日から5月19日の間、7回にわたり、1リットル当たりのBOD(生物化学的酸素要求量)と浮遊物質量(SS)の値が、県条例で定められた基準値の最大約100倍の汚水を近くの川に垂れ流した疑い。 

【関連ニュース
水ビジネス、10年後1000億円に倍増=インドで拡大狙う

超高齢社会、自立支援ロボットで生きがいを(医療介護CBニュース)
高校無償化の国交付金、愛媛では1億円足りず(読売新聞)
医療・介護など成長分野に資金供給へ―日銀(医療介護CBニュース)
【高速道路新料金】菅首相から最初の指示…微妙に後退?(レスポンス)
バットで襲い現金強奪 出勤途中の会社員が負傷(産経新聞)

社民党首、連立政権「加担できない」=菅氏は協力要請(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は4日、菅直人新首相の誕生に関し、「(米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市)辺野古と決めた日米共同声明が見直されない限り、加担できない」と述べ、連立政権への復帰は辺野古移設撤回が条件との考えを改めて示した。国会内で記者団の質問に答えた。
 一方、菅新首相は同日、国会内の社民党控室を訪ね、「普天間のことはあったが、それ以外はできるだけ協力して(いこう)」と要請。同党の重野安正幹事長は「いろんな話をさせていただく」と応じ、辻元清美前国土交通副大臣は「社・菅(車間)距離が難しい」と述べた。
 また、同じ控室を訪れた鳩山由紀夫首相は社民党の連立離脱に触れて「もう一回歴史をそこまで(戻したい)」と漏らしたが、辻元氏は「歴史は戻らない」と突き放した。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏
〔写真ニュース〕亀井代表らと握手する菅代表
〔写真ニュース〕福島党首と握手する菅代表

<民主党>参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)
樽床氏、岡部まり事務所開きを応援(スポーツ報知)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(4)(産経新聞)
「地域と小規模多機能の連携の強化を」(医療介護CBニュース)
<火災>住宅1室全焼、女性死亡 大阪・高槻(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。